YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

テイラー・デュプリー

サウンドアーティスト/写真家

1971年生まれ。ニューヨーク市ブルックリン在住。サウンドアーティスト、グラフィックデザイナー、写真家。1997年1月1日、サウンド・テクノロジーの最先端を探究し、アメリカの音楽レーベルに新たな水準のデザインコンシャスネスをもたらすミニマル・デジタル音楽レーベル「12k」を設立。2000年9月、リチャード・シャルティエとともに「12k」のサブレーベル「LINE」を設立。ウルトラ・ミニマルなデジタル・サウンドと音、沈黙、聞く行為の関係を探究する。また2002年1月、「12k」設立5周年を記念し、世界中のアーティストの作品を紹介するMP3のオンラインシリーズterm.を開設。完全にデジタル・ドメインの中にだけ存在する純粋なデータと、映像を欠いた音情報を再現する。リトルネッルロ/ミル・プラトー(ベルギー)、ラスター・ノトン(ドイツ)、サブ・ローザ(ベルギー)、フェルト(アイルランド)、Audio.NL(オランダ)などのレーベルからも作品を発表。加えて、インスティンクト・レコード、カイピリーニャ・ミュージック、プラスティック・シティ(アメリカ)、ディスクB(ドイツ)、ダム(フィンランド)などとも協働している。デュプリーはプロトタイプ 909、SETIなどの音楽プロジェクトで高い評価を得、多くの録音、豊富なディスコグラフィ-がある。さらに彼のデザインワークは世界中の多数のレコード・レーベルに使用され、日本やイギリスのデザイン・ブックで紹介されている。現在は、12kやソロ作品以外にも、サウンド・アーティストたちとのネットワーキングや建築、写真、インテリア・デザインに対する彼の情熱から影響を受けている小さな音の実験の推進に力を注ぐ。

参加事業
このページのTOPへ