YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

池上高志 イケガミタカシ

複雑系研究者

1989年、東京大学大学院理学系研究科物理学修了。理学博士。現在、東京大学広域科学専攻教授 。複雑系と人工生命を研究テーマとし、ダイナミクスからみた生命理論の構築を目指している。博士号取得後、自己複製や進化理論、ゲーム理論の研究を精力的に行う。その成果は『複雑系の進化的シナリオ』(朝倉書店)として刊行。98年以降に身体性の知覚、進化ロボットの研究を展開。最近は油滴の自発運動の化学実験や、自律ロボットを使ったロバストネスの実験も行っている。その成果の一部を、『動きが生命をつくる』(青土社)として2007年に出版。この他の著書に『生命のサンドウィッチ理論』(講談社/2012年)がある。おもに人工生命の国際会議(ALIFE)に参加。2008年の人工生命国際会議の基調講演などもつとめる。国際ジャーナル「BioSystems」「ArtificialLife」「Adaptive Behavior」などの編集をおこなっている。

参加事業
このページのTOPへ