YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

山中俊治 ヤマナカシュンジ

デザイナー

1982年東京大学工学部卒業後、日産自動車デザインセンターを経て1987年に独立。 1991年から94年まで東京大学助教授。1994年リーディング・エッジ・デザインを設立。2008年4月より慶應義塾大学教授。デザイナーとして腕時計から鉄道車両に至る数々の工業製品を手が ける一方、科学者としてもロボティクスや通信分野で尖端的な研究 開発に従事。JRのSUICA自動改札システムでは、改札機のかた ちに関する詳細な実験を行い、アンテナ面が少し手前に傾いたデザインで格段に読みとり率を向上させ、実用化のキーパーソンとなった。 2004年毎日デザイン賞受賞。2006年にはグッドデザイン賞金賞(OXOダイコングレーター)およびエコロジーデザイン賞(無電源情報端末Aimulet)受賞。

参加事業
このページのTOPへ