YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

ポール=アンドレ・フォルティエ

ダンサー/振付家 

1948年、カナダ・ケベック州生まれ。演劇と文学の教師を経て、1973年、ジネット・ローラン、エドゥアール・ロック(ラララ・ヒューマン・ステップス)などケベックの著名な振付家を次々と輩出したグループ、ヌーベル・エールに参加。1978年より振付家としてデビュー。1979年に自身のカンパニー、ダンス・シアター・ポール・アンドレ・フォーティエを設立。1981年にはカナダのダンス界における名誉あるジャン A. シャルメ賞を受賞し、『フォルティエ・ダンス・クリレアシオン』と名前を改めた。 フォルティエの発表する作品は、人間関係、人の欠点、タブー、固定観念を鋭く見抜く視点がたちまち高い評価を得る。各国で作品を発表し続け、2004年には初来日。青山ダンスビエンナーレで「Tensions」(カナダ/2001)を紹介し、人間の孤独を風変わりで新鮮な感覚で取り上げ、振付家の成熟度を印象づけ、国内外を巡回。話題を呼んだ。 その後も、6人の若いダンサーのために創作された「Risque」(カナダ/2003年)、映像とエレクトロミュージックを巧みに取り入れた「Lumiere」(カナダ/2004年)を発表。 また、若手の育成にも情熱を注ぎ、ケベック大学で10年間の教授を務めた後、現在は、モントリオールのアートセンター「プラス・デ・ザール」のレジデンシャルアーティストとして創作を続けるともに、ケベック芸術文芸カウンシルの副委員長を務めている。

参加事業
撮影:Hugo Glendinning
このページのTOPへ