YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

マレビトの会 マレビトノカイ

劇団

2003年、舞台芸術の可能性を模索する集団として設立。代表の松田正隆の作・演出により、04年5月に第1回公演『島式振動器官』を上演。07年に発表した『クリプトグラフ』では、カイロ、北京、上海、インドを巡演するなど、その活動は海外にも広がる。非日常の世界を構想しながらも、 今日におけるリアルとは何かを思考し、京都を作品制作の拠点として創作を続けている。

参加事業
このページのTOPへ