YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

渋谷慶一郎 シブヤケイイチロウ

音楽家

1973年生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。2002年にATAK設立。音楽レーベルとして国内外の先鋭的な電子音響作品をCDリリースするだけではなく、デザイン、ネットワークテクノロジー、映像など多様なクリエーターを擁し、精力的な活動を展開。04年にリリースした自身初のソロアルバム『ATAK000 keiichiro shibuya』は音色とリズムにフォーカスした徹底的に緻密な構成と豊穣なサウンドにより「電子音楽の歴史のすべてを統べる完璧な作品」と評され評価を決定的なものとした。現在までに作曲家・高橋悠治や複雑系研究/東京大学教授・池上高志らと分野を横断する共同作業を継続的に展開しており、池上高志とは05年末に東京オペラシティ内のNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]で共同制作したサウンド・インスタレーション作品の発表と非線形物理学の応用による変化と運動の音楽理論「第三項音楽」の研究発表/コンサートをおこなったの を皮切りに旺盛な活動を開始。音楽/科学を横断する本格的なコラボレーション として大きな注目を集めている。 06年には三次元立体音響とLEDを駆使したサウ ンド・インスタレーション作品『filmachine』を山口情報芸術センター[YCAM]で発表。07年にはそのCDバージョンとして音像の縦移動を含む世界初のヘッドフォン専用・三次元立体音響CD『ATAK010 filmachine phonics』を発表。これら によって07年度アルスエレクトロニカ・デジタルミュージック部門でHonorary mention受賞。08年には世界最大のテクノロジーアートのフェスティバルであるトランスメディアーレ(ベルリン)で『filmachine』の発表、及びコンサートをおこなう。 また、国際交通安全学会の依頼により歩行者横断用信号の音楽の作曲も手がけ実道実験をおこない大きな話題となった。09年にはヨーロッパ、アジア数カ国から日本に渡るATAK NIGHT4ツアーを刀根康尚、池田亮司、Pansonicらと共に行う。同年9月には初のピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』を発表。 10年には相対性理論とのコラボレーションによるCD『アワーミュージック 相対性理論+渋谷慶一郎』を発表、iTune music storeで1位を記録。その後も荒川修作のドキュメンタリー映画の音楽、ドイツで開催されたテクノロジーアートのフェスティバルISEA2010に招聘され、mumのチェリストHildur Guðnadóttirと コンサート、10月からスタートするドラマ「Spec」で音楽を担当するなど旺盛な活動を続ける。 11年は、フランス国内3ヶ所での『filmachine』の巡回ツアー、 モスクワでのイベント『LEXUS HYBRID ART』のオープニングアクトを担当。12年には「セイジ―陸の魚―」、「劇場版 SPEC~天~」、「はじまりの記憶 杉本博司」の3本の映画音楽を手がけ、それらがほぼ同時に上映され大きな話題を集めた。CDではそれらのサウンドトラックを含む4枚のアルバムをリリース、コン サートでは「ジョン・ケージ生誕100年記念コンサート One(X)」をプロデュー ス。また、世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ 「THE END」をYCAMで初演、発表し大きな話題を呼んだ。

参加事業
写真:新津保建秀
このページのTOPへ