YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

梅田宏明 ウメダヒロアキ

振付家/ダンサー/ビジュアルアーティスト

1977年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科中退。2000年より創作活動を開始し、「S20」を発足。02年『while going to a condition』がフランスのフェスティバル、Rencontres Choregraphiques Internationalsのディレクターであるアニタ・マチュー氏により「若くて有望な振付家の誕生である」と評価され、同フェスティバルで公演。03年にはモントリオール(カナダ)で『Finore』、04年にはリオデジャネイロ(ブラジル)で『Duo』を発表。さらに、フランスの代表的な振付家であるフィリップ・ドゥクフレ氏のスタジオでレジデンス後、07年にシャイヨー国立劇場(フランス)との共同制作で『Accumulated Layout』を発表。この作品が、クンステン・フェスティバル・デザール(ベルギー)、バービカン・センター(ロンドン)、ローマヨーロッパ・フェスティバル、ポンピドゥーセンター(パリ)など、世界各地の主要フェスティバル、劇場に招聘される。08年にはパリのフェスティバル・ド・トンヌ、ローマヨーロッパ・フェスティバルとの共同制作作品『Haptic』『Adapting for Distortion』を発表。09年からは、振付を開始し、ダンサーを起用した初のグループ作品『1. centrifugal』を日本、フィンランドで公演。10年には国際的なメディアアートの祭典、アルスエレクトロニカ(オーストリア)にて受賞。また、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2010」でダンス作品を上演するとともに、光とサウンドによる体験型インスタレーションを出品した。

参加事業
撮影:山方 伸
このページのTOPへ