YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

鈴木昭男

サウンドアーティスト

1941年、旧平壌生まれ。愛知県に引き揚げる。

63年「階段に物を投げる」非公開イベントによって音の世界に目覚め、自修イベントを展開するなかで、70年に創作楽器のエコー・インスツルメント「ANALAPOS」などの制作を開始。その後、76年に東京・日本橋の南画廊で初個展。78年、フェスティバル・ドートンヌ・パリ「間展」に出場以来「コンセプチュアル・サウンド・パフォーマンス」をジャパン・ハウス(ニューヨーク)などで展開する。

87年には「ドクメンタ8」に出場。同年から88年にかけて〈自然に一日耳を澄ます〉音のプロジェクト「日向ぼっこの空間」を、京都府下の子午線最北の地で遂行した。94年、DAAD(ベルリン)の招きで渡欧後、音のインスタレーションを手掛け、「ソナムビエンテ・フェスティバル」で「点音(oto-date)」を発表。97年には、ドイツのザールブリュッケン市立ギャラリーにて個展を開催したほか、ドナウエッシンゲン現代音楽祭へ参加。2003年には、大英博物館旧図書館にてパフォーマンス+インスタレーション「SOUNDSPHERE」を開催。04年には「いざないの空間」を、フランス北東部ストラスブールのライン河岸公園に設置、パリのザツキン美術館で個展開催。05年には和歌山県立近代美術館にて「点音 in 和歌山」を開催。06年には豊田市美術館で開催された企画展「ガーデンズ」に参加。07年には京都国立近代美術館で二人展「ノイズレス・鈴木昭男+ロルフ・ユリウス展」を開催。

現在はダンサーの宮北裕美と『空っぽ「ぽんぽこりん♪」』という、音とダンスのパフォーマンスを続けている。京丹後市在住。

参加事業
©AZXY
このページのTOPへ