YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

Holistic Strata

梅田宏明

光・音・身体が織りなす層―
研ぎ澄まされたイメージが、観客を包み込む

刺激的な光や音響で満たされた空間と、即興的なダンスがシンクロした「ビジュアル・パフォーマンス」で、高い注目を集める梅田宏明。本公演では、ダンスや振付のみならず、舞台の照明や映像、サウンドまでも自ら手がけてきた梅田と、YCAM InterLabを中心とするエンジニアたちのコラボレーションの中で生まれた「身体情報」というキーワードをもとに、光・音・身体が等価な要素として構成された新作ダンス作品を発表した。
この作品を通じて、研ぎすまされたイメージが織りなす圧倒的な空間を立ち上げ、観客を知覚の臨界へと誘う空間表現としてのダンスを実現した。
日時
2011年2月19日、20日
会場
スタジオA
特設サイト
http://holistic-strata.ycam.jp/
ポスター、フライヤーなど

作品

Holistic Strata (YCAM委嘱作品/世界初公開)

梅田宏明

知覚の臨界を表出する

»

Holistic Strata (YCAM委嘱作品/世界初公開)

梅田宏明

知覚の臨界を表出する

抽象的なイメージから、光・音・身体を構成し、空間全体に動きを与えるダンス作品。本作のために独自に開発したソフトウェアによる、数十万のパーティクル(粒子)が運動する高精細映像と、錯聴のテクニックを活用した刺激的な音響が舞台空間内に緻密に構成されている。また、身体を舞台上の光や音と等価な表現要素として構成してきた梅田のコンセプトをさらに飛躍させるため、センシング技術を導入。梅田の身体の動きをデータに変換し、映像との連動させるためのトリガーとしている。舞台空間における身体を、複雑な情報として捉えることで、光と音、そしてダンスを高度なレベルで融合させ、空間に埋め込まれたダンス、あるいは突如として眼前へと浮び上がるダンスといったイメージを自在に生み出すことに成功している。
巡回情報
  • 2013年9月6日〜8日 あいちトリエンナーレ2013
    会場: 愛知県芸術劇場(愛知)

  • 2013年6月26日 Mediafestival
    会場: Winzavod Contemporary Art Center(ロシア)

  • 2013年3月7日〜9日 会場: New York Live Arts(アメリカ)

  • 2013年2月26日〜3月2日 canadian stage
    会場: Berkeley Street Theatre(カナダ)

  • 2013年2月19日 会場: Wexner Center For The Arts(アメリカ)

  • 2013年2月14日〜16日 会場: REDCAT CalArts Theater(アメリカ)

  • 2013年1月25日〜27日 PuSh International Performing Arts
    会場: The Scotiabank Dance Centre(カナダ)

  • 2013年1月16日〜19日 会場: Theatre Junction GRAND(カナダ)

  • 2012年9月25日〜27日 Biennale de la Danse
    会場: Théâtre de la Renaissance(フランス)

  • 2012年5月8日 SuperBodies
    会場: Cultuurcentrum Hasselt(ベルギー)

  • 2012年5月2日 Ramallah Contemporary Dance Festival 2012
    会場: Al-Kasaba Theatre & Cinematheque(パレスチナ)

  • 2012年4月29日 Beirut International Platform of Dance 2012
    会場: Al Madina Theatre(レバノン)

  • 2012年4月19日〜21日 FESTIVAL TEMPS D'IMAGES
    会場: Usine C(カナダ)

  • 2011年12月2日 会場: Centre des Arts(フランス)

  • 2011年11月24日 Festival de Danse de Cannes
    会場: Théâtre Croisette(フランス)

  • 2011年11月21日 会場: Parktheater Eindhoven(オランダ)

  • 2011年10月12日〜16日 Festival Scopitone
    会場: Stereolux(フランス)

  • 2011年9月30日 TODAYSART 2011
    会場: The Egg(ベルギー)

  • 2011年9月23日 TODAYSART 2011
    会場: Korzo Theater(オランダ)

  • 2011年8月25日〜27日
    Noorderzon Performing Arts Festival
    会場: Romeo Tent at Noorderplantsoen(オランダ)

  • 2011年7月9日、10日 JULIDANS 2011
    会場: Theater Bellevue(オランダ)

  • 2011年6月9日 Art Rock Festival 2011
    会場: La Passerelle(フランス)

  • 2011年3月31日、4月1日 Festival VIA 2011
    会場: Théâtre du Manège(フランス)

  • 2011年3月10日〜12日 Festival EXIT 2011
    会場: Maison des Arts de Créteil(フランス)

クレジット
振付・出演:梅田宏明
イメージ・ディレクション:S20
サウンド・デザイン:S20
ライティング・デザイン:S20
イメージ・プログラミング:S20、比嘉 了大西義人
システム・デザイン、システム・プログラミング:比嘉 了
センサーシステム・デザイン、センサーシステム・プログラミング:大西義人
衣裳:片山涼子(アトリエa.p.r)

イベント

バックステージツアー

2011年2月5日、6日

»

バックステージツアー

オリジナル作品を制作している現場とその舞台裏を紹介するバックステージツアーをおこない、YCAMのスタッフとアーティストの案内のもと、劇場の機構や、作品に使用するシステム、アーティストやスタッフの仕事の様子を見学した。
日時
2011年2月5日、6日
会場
スタジオB
クレジット
ナビゲーター:梅田宏明
ファシリテーター:YCAM教育普及

支援:平成22年度優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業

プロフィール

YCAM InterLab開発内容

センサーを利用した、身体と映像/照明/サウンドの同期

Holistic Starata

»

センサーを利用した、身体と映像/照明/サウンドの同期

Holistic Starata

映像/照明/サウンドを身体と同期させるアイデアとして、身体の動きをセンサーでリアルタイムに取得し、そのデータをもとそれらをコントロールすることを提案し、センサーの開発をおこなった。

ゲーム機のリモコンや、曲げセンサー、圧力センサーなどの様々なセンサーを試行した結果、ダンサーの動きへの制約が少ないジャイロセンサーと加速度センサーを採用。この2種を内蔵した幅30ミリメートル×高さ20ミリメートル×奥行40ミリメートル、重さ約50グラムの小型デバイスを4基制作し、梅田の両腕両足に取り付けた。

サウンド制作ソフトウェアの開発

Holistic Starata

»

サウンド制作ソフトウェアの開発

Holistic Starata

「運動」を感じさせる刺激的な音響を実現したいという梅田の要望に対し、観客の身体に与える共振作用や音像定位、音のリズムや余韻がもたらす心理的効果などを検証し、様々な物体の落下音を解析したデータベースから多様なビートを生成するソフトウェア、内耳に共振を与える音を使用してリズムを作成するソフトウェアなどを開発。作品の制作過程において、サウンドエンジニアだけでなく、梅田や他のエンジニアがサウンド制作に関わることができるよう、操作性の高いインターフェースを考慮して開発をおこなった。

映像制作ソフトウェアと再生用ソフトウェアの開発

»

映像制作ソフトウェアと再生用ソフトウェアの開発

デジタル映像を構成する最小要素である1ドットの点をフルHDで大量に描画し、空間全体の複雑な「運動」を表現するという梅田の構想に対し、映像制作のためのソフトウェアの開発と、制作した映像を再生するソフトウェアを開発した。

Mac OS Xに付属する映像制作環境「Quartz Composer」で大量のパーティクルを生成するためのプラグインと、専用の動画フォーマット、それを再生するソフトウェアを開発。また、映像を空間に構成するため、コンピューター上の仮想の舞台空間で、4台のプロジェクターの投影をシミュレーションするソフトウェアも開発した。これにより、複数人で別々のシーンを同時並行して編集・制作することや、公演会場に併せ、梅田自身で容易に映像を構成することが可能になった。さらに、サウンドと映像の構成を同時に制作するため、音楽制作ソフト「Logic」の機能を利用して、Quartz Composerのプログラムや生成した映像のシーケンスを、サウンドのタイムラインと同様に構成するプロトコルも制作した。

クレジット

主催:

  • 財団法人山口市文化振興財団

後援:

  • 山口市
  • 山口市教育委員会

助成:

  • 財団法人地域創造
  • 公益財団法人セゾン文化財団
  • EUジャパンフェスト日本委員会

平成22年度文化庁芸術拠点形成事業

共同開発:

  • YCAM InterLab

企画制作:

このページのTOPへ