YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

Search'n Search

YCAM

検索窓からのぞく未来の社会
「検索」から見えてくる、社会とメディア、ユーザーとの関係

インターネット上の「検索エンジン」の技術的な仕組みや、歴史的背景、そのメディアとしての性質がもたらす社会への作用について考えるワークショップ。
いまや、日常的な行為となりつつある「検索エンジン」を利用した情報の「検索」。昨今では検索結果の並び順を決定するアルゴリズムが経済活動に多大な影響を与えているほか、インターネット上に個人情報が流出することで、それが検索可能になり、個人の活動が検閲/監視されるリスクも明らかになるなど、私たちの生活における「検索」の重要度はますます高まっている。
このワークショップでは、検索エンジンの背景でおこなわれている、検索キーワードとウェブサイトのマッチングや、検索結果の並び順の決定といった処理を実際に体験するいくつかのゲームをおこない、参加者はそれを通じて、「検索エンジン」の仕組みを体感的に理解するとともに、検索と社会との相関関係を俯瞰的に捉える視野を習得していった。
日時
2010年〜

ワークショップ

クレジット

主催:

  • 財団法人山口市文化振興財団

後援:

  • 山口市
  • 山口市教育委員会

共同開発:

  • YCAM InterLab

企画制作:

  • 山口情報芸術センター[YCAM]
このページのTOPへ