YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

sound tectonics #7
ATAK NIGHT 4

渋谷慶一郎、池田亮司、刀根康尚、evala

メディアテクノロジーを軸に、サウンドと空間/映像の新たな関係を探求するコンサートシリーズ「sound tectonics」の第7弾。渋谷慶一郎が主宰する音楽レーベル「ATAK」に所属するミュージシャンを中心に4組のミュージシャンがパフォーマンスを披露した。
日時
2009年4月29日
会場
スタジオA

イベント

sound tectonics #7
ATAK NIGHT 4

2009年4月29日

»

sound tectonics #7
ATAK NIGHT 4

先進的な音楽作品やインスタレーション作品「filmachine」(YCAM委嘱作品)が国内外で評価を受ける渋谷慶一郎のレーベル「ATAK」によるワールドツアーの山口編。出演者には渋谷のほか、「filmachine」の立体音響プログラムを手がけたevalaや前年YCAMで発表した「datamatics」以降、世界各地で大規模作品を発表してきたアーティストの池田亮司、そして1960年代から実験音楽の最前線で活躍してきた伝説的アーティスト刀根康尚が登場。それぞれのソロパフォーマンスを披露した。
日時
2009年4月29日
会場
スタジオA
クレジット
出演(出演順):evala、池田亮司、渋谷慶一郎、刀根康尚

プロフィール

クレジット

主催:

  • 財団法人山口市文化振興財団

後援:

  • 山口市
  • 山口市教育委員会

技術協力

  • YCAM InterLab

企画制作:

  • ATAK
  • 山口情報芸術センター[YCAM]
このページのTOPへ