YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

scopic measure #10
Pascal pass scale

高嶋晋一

アートの地平を切り開く挑戦的なプロジェクトや、今後が期待される若手アーティストのインスタレーションなどを紹介する展示シリーズ「scopic measure」の第10弾。スティーブ・パクストン「Phantom Exhibition〜背骨のためのマテリアル」と同時に開催した本展示では、アーティストやダンサーとして活動する高嶋晋一のインスタレーション作品「Pascal pass scale」を紹介した。
日時
2009年4月25日〜8月31日
会場
2階ギャラリー

作品

Pascal pass scale

高嶋晋一

»

Pascal pass scale

高嶋晋一

身体と映像をめぐる思考と感覚をテーマとした作品。
身体を、思考=視覚の中心として統合された存在ではなく、環境や空間と相互に支持しあう断片的存在として捉え、直接目に見えない大気の運動などによって引き起こされる微細な現象を撮影することで、鑑賞者の感覚をカメラの背後にある身体性へと導く。

プロフィール

クレジット

主催:

  • 財団法人山口市文化振興財団

後援:

  • 山口市
  • 山口市教育委員会

技術協力:

  • YCAM InterLab

企画制作:

  • 山口情報芸術センター[YCAM]
このページのTOPへ