YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

filmachine

渋谷慶一郎+池上高志

変化と運動がもたらす音楽の新次元
多層化したサウンドが時間と空間をつくり出す

電子音響の最先端を疾走し、自身が主宰するレーベル「ATAK」の活動でも大きな注目を集める渋谷慶一郎と、複雑系科学と人工生命の研究をベースに新たな生命理論の構築を目指す池上高志。本展では、2人が提唱する〈変化と運動の音楽〉のための音楽理論「第三項音楽」に基づいた新作インスタレーションを発表した。
タイトルとなっている「filmachine」とは、「film(膜)」と「machine(機械)」を組み合わせた造語で、皮膜のような特性を持つ非物質的な空間組織をサウンドによって生成し続ける機械という意図が込められている。最新鋭の立体音響テクノロジーを駆使し、空間内に〈サウンドの皮膜〉を局在的に発生させ、ダイナミズムを与えていく本作を通じて、時間と空間の新たな形態を提示した。
日時
2006年8月9日〜10月9日
会場
スタジオB
特設サイト
http://msi.ycam.jp/

作品

filmachine (YCAM委嘱作品/世界初公開)

渋谷慶一郎+池上高志

〈第三項音楽〉を体現する装置としてのインスタレーション

»

filmachine (YCAM委嘱作品/世界初公開)

渋谷慶一郎+池上高志

〈第三項音楽〉を体現する装置としてのインスタレーション

渋谷慶一郎と池上高志が提唱する新しい音楽理論「第三項音楽」に基づく立体音響インスタレーション。
複雑系の理論によって導き出されたサウンドのテクスチャや、コンポジション、運動、光の明滅などの要素を含んだ音楽構造が13分間に渡って展開される。会場内の足場は高さや形がばらばらな多数の箱で構成されており、それを取り囲むようにLED照明と24個(8個×3層)のスピーカーが配置されている。鑑賞者は、通常の安定した知覚が奪われた状態で、繊細に揺れ動く電子音から突如として現れる轟音までの様々なサウンドが喚起する身体感覚に身を委ねながら、変化と運動にある音楽の新たな次元を体験する。

サウンド
本作でサウンドの運動を制御しているのは、24チャンネルの音声信号を緻密にコントロールできる、Lake Technology社の「Huron(ヒューロン)」と呼ばれるシステムである。このシステムが持つポテンシャルを最大限に引き出すオリジナルのソフトウェアによって、空間上の様々な場所に立ち現れる複雑な音像の生成を可能としている。また、会場を取り囲む柱状のLEDの明滅は、サウンドの音量のデータによって制御している。
巡回情報
  • 2014年2月7日〜3月30日 MEDIA AMBITION TOKYO 2014
    会場: 東京シティビュー(東京)

  • 2011年4月13日〜8月14日 lille3000 2011
    会場: Gare Saint Sauveur(フランス)

  • 2011年3月24日〜4月3日 Festival VIA 2011
    会場: Espace Sculfort(フランス)

  • 2011年3月10日〜3月20日 Festival EXIT 2011
    会場: Maison des Arts de Créteil(フランス)

  • 2008年1月29日〜2月10日 Transmediale.08
    会場: Podewil(ドイツ)

クレジット
立体音響プログラム:evala
ソフトウェア開発:大海悠太
照明プログラム:真鍋大度
制作サポート:maria

イベント

シンポジウム「サウンドアートの方向性と未来 」

2006年8月9日

»

シンポジウム「サウンドアートの方向性と未来 」

展覧会のオープニングを記念して、サウンドアートとラップトップミュージックの今後の展開および、インスタレーションの可能性について討議をおこなうシンポジウムを開催した。
日時
2006年8月9日
会場
ホワイエ
クレジット
ゲスト:渋谷慶一郎池上高志久保田晃弘
モデレーター:阿部一直(YCAM)

ライブコンサート「musimissile」

2006年9月16日

»

ライブコンサート「musimissile」

本展アーティストの渋谷慶一郎を中心に、渋谷率いる音楽レーベル「ATAK」に所属するサウンドアーティストのevalaとmaria、そしてovalなどとのコラボレーションで知られるアーティストのクリストフ・シャルルによるライブコンサートを開催した。
日時
2006年9月16日
会場
スタジオA
クレジット
出演:渋谷慶一郎、evala、maria、クリストフ・シャルル
映像:逢坂芳郎

プロフィール

クレジット

主催:

  • 財団法人山口市文化振興財団

後援:

  • 山口市
  • 山口市教育委員会

助成 :

  • 財団法人地域創造
  • 平成18年度文化庁芸術拠点形成事業

協賛:

  • オタリテック株式会社
  • カラーキネティクス・ジャパン株式会社
  • 株式会社オービット・ミューズテクス事業部
  • 株式会社カメオインタラクティブ
  • 株式会社タイムロード
  • 三菱電機エンジニアリング株式会社

特別協力 :

  • 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域システム科学系池上高志研究室
  • ATAK

共同開発:

  • YCAM InterLab

企画制作:

  • 山口情報芸術センター[YCAM]
このページのTOPへ