YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

sound tectonics #3

半野喜弘、青木孝允

メディアテクノロジーを軸に、サウンドと空間/映像の新たな関係を探求するコンサートシリーズ「sound tectonics」の第3弾。ともにパリを拠点に活躍を続ける日本のエレクトロニカの旗手、半野喜弘と青木孝允が登場、それぞれのソロパフォーマンス披露した。
日時
2004年10月16日
会場
スタジオA

イベント

sound tectonics #3

2004年10月16日

»

sound tectonics #3

坂本龍一やビョークとの競演などワールドワイドな音楽活動を展開するほか、エレクトロニカレーベル「cirque」を主宰する半野喜弘と、実験的な映像音響ユニット「SILICOM」を経て、現在はソロで活躍する青木孝允の2人による、久々の日本公演。アーティストの黒川良一が映像で参加し、サウンドとビジュアルの両面からメローかつブリリアントなサウンドスケープを描き出した。
日時
2004年10月16日
会場
スタジオA
クレジット
出演:半野喜弘、青木孝允
映像:黒川良一

プロフィール

クレジット

主催:

  • 公益財団法人山口市文化振興財団

後援:

  • 山口市
  • 山口市教育委員会

技術協力:

  • YCAM InterLab

企画制作:

  • 山口情報芸術センター[YCAM]
このページのTOPへ