YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

sound tectonics #2

内橋和久、吉田達也、一楽儀光(ドラびでお)

メディアテクノロジーを軸に、サウンドと空間/映像の新たな関係を探求するコンサートシリーズ「sound tectonics」の第2弾。日本を代表するインプロバイザーである内橋和久と吉田達也のソロとデュオに加え、一楽儀光による映像+ドラムユニット「ドラびでお」のライブパフォーマンスを披露した。
日時
2004年9月26日
会場
スタジオA

イベント

sound tectonics #2

2004年9月26日

»

sound tectonics #2

欧米でも高い評価を受けるインプロビゼーショングループ「アルタード・ステーツ」での活動を始め、多様な領域で活躍を続けるギタリスト内橋和久と、世界のプログレおよびロックシーンに多大なる影響を及ぼす伝説的ユニット「RUINS」のドラマー吉田達也が開始した新ユニット「超即興」による西日本ツアーの山口編。内橋と吉田それぞれがソロパフォーマンスをおこなった後、メディアアートシーンを中心に急速に注目を集める一楽儀光のドラム+映像ユニット「ドラびでお」が登場、本拠地とも言えるYCAMで初の公開となった。その後は内橋と吉田が再び登場し、「超即興」としてスピード感と熱量あふれる即興演奏を披露。会場を熱狂の渦に巻き込んだ。
日時
2004年9月26日
会場
スタジオA
クレジット
出演(出演順):吉田達也、内橋和久、ドラびでお(一楽儀光)、超即興[内橋和久+吉田達也]

プロフィール

クレジット

主催:

  • 公益財団法人山口市文化振興財団

後援:

  • 山口市
  • 山口市教育委員会

技術協力:

  • YCAM InterLab

企画制作:

  • 山口情報芸術センター[YCAM]
このページのTOPへ