YCAM Portal Site

YCAM Re-Marks

gravicells―重力と抵抗

三上晴子+市川創太

重力と抵抗―
世界を取り巻く見えない関係性への知覚を開く

人間の身体感覚を再認識させるインタラクティブなインスタレーションを多数発表している三上晴子と、建築ユニット「doubleNegatives Architecture(dNA)」を主宰する市川創太。本展では、この2人のコラボレーションのもと、五感に次ぐ知覚としての〈重力を感じる感覚=重力覚〉に焦点を当てたインスタレーションを発表した。
宇宙に存在するあらゆる物質と物質の間に作用する重力。その相関性を映像/光/音でダイナミックに表現した本作を通じて、日常では意識しない重力の存在を改めて再認識させるとともに、重力を感じる感覚が人間の空間に対する概念の基底部分を担い、空間と身体とのインターフェースとして機能していることを示した。
日時
2004年5月15日〜6月20日
会場
スタジオB

作品

gravicells―重力と抵抗 (YCAM委嘱作品/世界初公開)

三上晴子+市川創太

重力と空間のつながりを体感する

»

gravicells―重力と抵抗 (YCAM委嘱作品/世界初公開)

三上晴子+市川創太

重力と空間のつながりを体感する

空間に仮想的な力学場を構築することで、そこにいる人々を取り巻く重力を表現したインスタレーション。
会場内の床面には1辺6メートルの正方形のフィールドが設置されており、空間をスキャンするようなラインが投影されている。そこに鑑賞者が足を踏み入れると、フィールドに埋め込まれたセンシング機構が、鑑賞者の位置、重さ、傾き、速度や重力加速度を瞬時に計測/解析し、ラインの歪み、会場を包む音、LED照明の点滅パターンへと変換していく。鑑賞者は、作品空間の中を自由に歩き回ることで、ダイナミックに変容する光と音から、身体への重力の負荷と、それに対抗する反力を感じることができる。

センシング機構
フィールドには、1辺40センチメートルの正方形のパネル225枚が細胞のように敷き詰められており、その内部にはセンシング機構が埋め込まれている。このセンシング機構は独自に開発したもので、フィールド上に存在する物体の質量、位置、傾き、重力加速度などの連続的な変化を高精度で検出することができる。

GPS衛星
本作では、上空遥か彼方を移動するGPS衛星も重要な要素となっており、GPS衛星との間に発生する仮想的な引力も、ラインの歪みなどの空間の変容として表現している。これにより、鑑賞者を含んだインスタレーション自体が地球や人工衛星といった物体のマクロかつ相対的な運動の間に存在していることを強調している。
巡回情報
  • 2012年9月19日〜11月18日 Project Daejeon 2012:Energy
    会場: Daejeon Museum of Art(韓国)

  • 2011年6月26日〜8月17日 translife
    会場: National Art Museum of China(中国)

  • 2008年4月19日〜2009年3月8日 Open Space 2008
    会場: NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](東京)

  • 2007年9月11日〜12月7日 Biennale of Electronic Arts Perth 2007
    会場: John Curtin Gallery(オーストラリア)

  • 2007年4月27日〜6月27日 EL MEDIO ES LA COMUNICACION
    会場: Espacio Cultural El Tanque(スペイン)

  • 2007年2月22日〜3月7日 Mois Multi 2007
    会場: Salle Multi et studio d'Essai(カナダ)

  • 2006年9月20日〜10月29日 O.O.H.'06
    会場: Centro de Cultura Antiguo Instituto(スペイン)

  • 2005年11月23日〜12月25日 アート&テクノロジーの過去と未来
    会場: NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](東京)

  • 2005年9月1日〜19日 Ars Electronica 2005
    会場: OK Center for Contemporary Art(オーストリア)

  • 2005年3月30日〜4月9日 Festival EXIT 2005
    会場: Maison des Arts de Créteil(フランス)

  • 2005年3月10日〜3月20日 Festival VIA 2005
    会場: Espace Sculfort(フランス)

  • 2005年2月24日〜3月1日 SHARE Festival 2005
    会場: Palazzo Cavour(イタリア)

  • 2005年2月4日〜8日 transmediale.05
    会場: Haus der Kulturen der Welt(ドイツ)

  • 2004年11月9日〜21日 DEAF04
    会場: Van Nelle Ontwerpfabriek(オランダ)

クレジット
デバイス開発:竹ヶ原設計
金属加工:砂塚商店

イベント

アーティストトーク「重力:知覚から表現へ」

2004年5月16日

»

アーティストトーク「重力:知覚から表現へ」

本展アーティストの三上晴子と市川創太が作品の背景や制作プロセスについて解説するトークイベントを開催した。
日時
2004年5月16日
会場
スタジオC
クレジット
ゲスト:三上晴子、市川創太、伊藤俊治
モデレーター:阿部一直(YCAM)

プロフィール

クレジット

主催:

  • 公益財団法人山口市文化振興財団

後援:

  • 山口市
  • 山口市教育委員会

共同開発:

  • YCAM InterLab

企画制作:

  • 山口情報芸術センター[YCAM]
このページのTOPへ